3歳児のひどい夜泣き!時間はどのくらい・いつまで続くの・かんのむし薬の効果

3歳児のひどい夜泣き・いつまでしていられるの!?

「明日仕事があって朝早起きなのに」という日に限って、お子さんのひどい夜泣きが止まらなかったりしますよね。

3歳児のひどい夜泣き、いつまで続くのでしょうか!?

・恐怖・困難に対処する力がつくまで

行動も活発になり、日々新しい出来事に接している3歳児。

時には自分の実力では手に負えないような怖いこと、悔しい失敗をすることがあるでしょう。

昼間にはいったん収まった気持ちが、夜に眠っている間に再びよみがえっているのかもしれません。

困難を解決していく能力が日に日に高まることにより、夜泣きの症状も自然に収まってくることを期待しましょう。

・保育園など家庭外での集団生活に慣れるまで

家族と一緒に自宅で生活するときには、お子さん中心に物事が回っていると思います。

しかし保育園など外へ一歩出れば、自分だけが最優先されてるわけでないことに、お子さん自身も気づいているでしょう。

面白くないこと、不愉快なこと、何度も経験すれば慣れてしまうのですが、最初の1回目はなかなかそうもいきません。

保育園など家庭外の集団生活に慣れるころには、夜泣きの症状も穏やかになるかもしれません。

・睡眠の深さが安定するまで

3歳児では環境や体質により、昼寝する子、しない子がいて、その時間もさまざまです。

夜の睡眠もお子さんによって違い、ぐっすり眠る眠りの深い子と、眠りが浅くしょっちゅうぐずつくお子さんもいると思います。

体の成長とともに夜の睡眠も安定しますが、3歳ですとまだ赤ちゃん時代の睡眠に近いお子さんもいることでしょう。

もう3歳ですがまだ3歳。夜泣きに付き合う大人は大変ですが、いつか泣かなくなる日はやってきます。

次に3歳のひどい夜泣きについて、「かんのむし」の薬の効果について、実際に使ったわたしの親に話を聞いてみました。

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク

コメントを残す