お風呂掃除で床の気になる水垢にはクエン酸が使える!?黒ずみやピンクカビの落とし方は!?

毎日の疲れをいやしてくれるお風呂、キレイに掃除して気持ち良く入りたいですよね。

しかしお風呂掃除は住宅の掃除の中でも、キレイを保つのが一番むずかしい場所と言われています。

床にこびりついた黒ずみ、油断すると水道の蛇口に現れる水垢、正体不明のピンクカビなど、

強敵な汚れがイッパイです。

 

この記事ではお風呂掃除の方法について、

黒ずみやピンクカビの落とし方、

水垢に効くクエン酸のことについて解説していきます。

スポンサーリンク


【お風呂掃除・床・水垢】黒ずみの落とし方は?

お風呂の床などへこんだ所やゴムパッキンに、黒ずみの汚れがたまりやすくなっています。

黒ずみの正体は「黒カビ」です><

黒ずみ、黒カビの落とし方について解説していきます。

 

●黒カビは酸性の汚れ

黒カビは「酸性」の汚れです。

お風呂で体を洗いますが、わたしたちの体の汚れは「酸性」です。

人間の皮脂、湿気、温度、この3つがそろうと「黒カビ」が生えてきます><

酸性の汚れは「アルカリ性」で落とします。

 

●どんな洗剤で落とせばいいの?

日常的な汚れは、ドラッグストアなどで売られている「お風呂用洗剤」で十分です。

しかしお風呂の黒カビが目立ってきて、まとめて掃除するときには、塩素系のカビ取り剤で撃退します。

カビ取りスプレー、カビ取りジェル、カビキラー、いろいろな商品がありますね。

トイレットペーパー、ラップなどで「つけ置き」すると、カビが浮いてきて汚れを落としやすくなりますよ。

 

●黒ずみ汚れを出さないようにするには?

黒カビの好物は「皮脂汚れ・水分・温度」です。

ひとつずつ解決策を書きますと

・皮脂汚れ

お風呂の床や壁、イスなどに汚れを残さず、こまめに掃除するのが一番です

・水分

最後に入浴した人が、いらないバスタオルなどでお風呂の床や壁をひと拭きすると、黒カビの発生が減ります。

・温度

窓開け、換気扇での換気が効果的です。

いらないバスタオルでひと拭きする前に、冷水シャワーをお風呂の床、壁に当てるのも、浴室を冷やす効果があります。

次は黒カビにつぐ悩みのタネ、ピンクカビの正体と落とし方について解説していきます。

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク

コメントを残す