中学生・勉強の仕方がわからない!勉強場所・国語と英語の勉強法は!?

中学生になったからテストの時には勉強しないと…と思いつつ、いざやるとなると、何から手をつけていいのかわからないことってありますよね。

ワークを開くと難しい問題がいっぱい!1問目でつまずいて、その先に進めなくて困っている人もいるかもしれません。

どうせ勉強するなら時間を無駄なく、効率よく進めたいですよね。

この記事では中学生で勉強の仕方がわからない人向けに、勉強場所や勉強方法、国語と英語の勉強法について、アドバイスしたいと思います。

「中学生・勉強の仕方がわからない!勉強場所・国語と英語の勉強法は!?」の続きを読む…

ページ: 1 2 3

【連立方程式の利用】文章問題の式の立て方は!?【人数・速さと時間・割合】

連立方程式を計算で解くのは、練習して慣れてくれば、それほど難しくないですよね。

だけど文章題で式を立てて「何グラムですか」と聞かれるような問題はむずかしく感じると思います。

立式にはコツがあって、簡単な表を書くとうまくいきます。

この記事では連立方程式の利用で、文章問題の式の立て方について、分野別に解説します。

どちらかが何人多いという人数の過不足の問題・速さや時間を求める問題・濃度など割合を使う問題の解き方を紹介します。

「【連立方程式の利用】文章問題の式の立て方は!?【人数・速さと時間・割合】」の続きを読む…

ページ: 1 2 3

簡単!連立方程式の解き方♪加減法・代入法・子供への教え方は!?

連立方程式は中学2年で習う計算です。

大きく分けて加減法・代入法、2通りの解き方があります。

x、y、2つの文字(アルファベット)が入ってきて、ごちゃごちゃして計算に困ってる人はいませんか!?

この記事では簡単!連立方程式の解き方で、加減法と代入法について解説します。

子供のテストで困っている親御さん向けに、子供への教え方もお伝えします。

「簡単!連立方程式の解き方♪加減法・代入法・子供への教え方は!?」の続きを読む…

ページ: 1 2 3

中学生のテスト前!勉強しないとどうなる!?ゲーム没収する?放っておく派?

中学生のテスト前なのに、部活動が休みだからって勉強しないと、どうなってしまうのでしょう!?

だらだらゲームして過ごしていると、あっという間にテストの日がやってきますよね。

みなさんのお宅では、テスト前なのに勉強しないお子さんは放っておく派ですか?それとも何かしらの対策をたてますか!?

この記事では中学生のテスト前に勉強しないとどうなるのか、ゲームは没収した方がいいのか、または放っておいた方がいいのか、テストの点数を重視しながら考えてみたいと思います。

「中学生のテスト前!勉強しないとどうなる!?ゲーム没収する?放っておく派?」の続きを読む…

ページ: 1 2 3

1次関数の変化の割合、交点、変域・1次関数の利用や図形の求め方

中2数学で習う1次関数、グラフや式の読み書きができるようになったら、ややこしい用語や応用問題もわかるようになりたいですよね。

座標やグラフの読み方、書き方、y=○x+△の式の意味やグラフの書き方は理解できましたでしょうか。

この記事ではその次の段階、「変化の割合・交点・変域」そして1次関数の利用問題、簡単な図形問題の求め方について解説します。

テスト勉強にお役立てください。

1次関数・変化の割合の求め方

それでは1次関数の問題で「変化の割合」の求め方を説明します。

「1次関数においては」という条件つきですが、「変化の割合=(グラフの)傾き」だと、中2生の皆さんは思っていてください。

という条件つきですが、「変化の割合=(グラフの)傾き」だと、中2生の皆さんは思っていてください。

1次関数のグラフは、右上がり、右下がりで「真っ直ぐ」、直線ですよね。

1次関数では、グラフの傾き方が一定(同じ)なんです。

中3生になると「2次関数」というのを学ぶのですが、グラフが直線でなく、曲がった形のグラフになります。

「放物線」(ほうぶつせん)というカーブを描き、ちょうど野球のボールを斜め上に放り投げたときに、空中高くでくるっと引き返し、また地上にボールが戻ってきます。

そのボールが描く線が、2次関数のグラフと同じ形(軌跡・きせき)になります。

中2の皆さんは、まだ1次関数までしかやっていないので、中間・期末の定期テストでは、「変化の割合」を聞かれたら、グラフから傾きを出すか、y=◯x+△から傾きを出す(◯の数字が傾きです)かして、答案に書いてください。

教科書に載っている「変化の割合」の公式についてもお話します。

●教科書に載っている「変化の割合」の公式

変化の割合=yの増加量/xの増加量 または

変化の割合=y2-y1/x2-x1

の公式が載っていると思います。

y=2x+1の式とグラフを紹介します。

傾きが「2」なので、1次関数においては変化の割合も「2」とわかります。

「y=2x+1において、x=1からx=3までの変化の割合を出してください」という問題が出たら、教科書の公式に当てはめて変化の割合を求める方法を紹介します。

・xの増加量とyの増加量を求めます。

xの増加量は1から3に増えているので、3-1=2です。

yの増加量は、x=1のときのyの値と、x=3のときのyの値がわからないので、式(y=2x+1)に代入して計算しないといけません。

x=1のとき

y=2×1+1

y=3

x=3のとき

y=2×3+1

y=7

yは3から7に増えているので、yの増加量は4になります。

・変化の割合は公式に当てはめて

変化の割合=yの増加量/xの増加量で、4/2=2となります。

y=2x+1の傾き、2と同じになります。

次は1次関数の問題で、変域や交点の求め方を説明します。

ページ: 1 2 3

1次関数の問題!グラフと式・切片と傾き・平行と角度

中2で習う1次関数。「グラフは苦手」という人も多いかもしれません。

学校で習う順番だと難しく感じることもありますが、グラフの書き方や読み方など、わかりやすいことを先にやってしまえば負担は軽くなりますよ。

まずはグラフの読み書き、切片と傾きなど、シンプルに理解できることから入りましょう。

この記事では中2で習う1次関数について、グラフと式、切片と傾き、平行と角度のことを解説します。

「1次関数の問題!グラフと式・切片と傾き・平行と角度」の続きを読む…

ページ: 1 2 3

中2・不定詞の例文!名詞的用法・副詞的用法・形容詞的用法の攻略♪

中2の英語で習う不定詞。難しいと感じている人が多いのでは?と思います。

不定詞、そのあとに習う比較が、中2英語のヤマ場です。

不定詞には3つの用法があるので、それぞれの違いをマスターしましょう^^。

この記事では不定詞の例文で、名詞的・副詞的・形容詞的用法を説明します。

テストでの攻略に役立ててください!

「中2・不定詞の例文!名詞的用法・副詞的用法・形容詞的用法の攻略♪」の続きを読む…

ページ: 1 2 3

中学生の不登校、原因は親!?フリースクールや寮つきの施設は?

中学生になるとますます増えてくる不登校。

学校の先生と親だけで、不登校で悩むお子さんにとって良い方法が見つかるといいですよね。

でも先生と親だけの力だけで子供の不登校を解決できない時には、フリースクールなど民間の力を借りる方法もあります。

不登校になる理由や原因は、お子さんにとって千差万別で、最善の対処法もお子さんによって様々ですよね。

この記事では中学生の不登校について、原因が親なのか、そしてフリースクールに通うことや寮つきの施設について、ざっくりとまとめてみようと思います。

「中学生の不登校、原因は親!?フリースクールや寮つきの施設は?」の続きを読む…

ページ: 1 2 3

中学校の不登校&支援、高校選び・進学・病院に行く場合とは!?

中学校の不登校で真っ先に心配なのが、高校どうするの!?問題ですよね。

中学までは義務教育なので在籍させてもらえる学校があるけど、高校から先は自分で居場所を作らないとなんです。

出席日数の不足、学力の低下、そして仮に高校に受かったとしても通い続けられるのか、心配は尽きないと思います。

この記事では中学校の不登校における支援として、高校選び、進学できるのかの問題、またまれに病気が隠れていて不登校になるケースがあるので病院へ行った方がいい場合についてまとめてみました。

「中学校の不登校&支援、高校選び・進学・病院に行く場合とは!?」の続きを読む…

ページ: 1 2 3

中学生・不登校の理由は?基本的な対応・克服方法・最終手段の転校

中学生に大変多い不登校ですが、お子さんによって様々な理由があります。

クラスの友達、部活の仲間、部活や授業の先生との人間関係はもちろん、成績不振というのも不登校の大きな理由のひとつです。

学校生活は気力・体力とも消耗するため、お子さん自身のスタミナが低下しているときにも起こります。

 

自分の部屋、布団、自宅の居心地が良すぎて外に出られなくなる場合や、休職する大人のように病気にかかっているケースも起こりえます。

この記事では中学生の不登校の理由をふまえつつ、基本的な対応・不登校の克服方法・そして最終手段ともいえる転校について、まとめてみたいと思います。

「中学生・不登校の理由は?基本的な対応・克服方法・最終手段の転校」の続きを読む…

ページ: 1 2 3