お風呂の子供のおもちゃにカビが!消毒の方法は?カビを予防できる収納法は?

子供と一緒に入るお風呂。

おもちゃで楽しそうに遊ぶ姿を眺めるのは癒しのひとときですよね。

ふとおもちゃを見ると、なんだか怪しい黒ずみが・・・

カビ!!

よりによってカビの部分を触って遊んでいる!

そのおもちゃを浴槽に浮かべている!

 

衛生的にも心配ですし、考えただけでぞっとしますよね。

 

でもお気に入りのおもちゃを簡単に捨てるわけにはいきません。

 

そこで、子供のおもちゃのカビを消毒する方法と、

カビを予防できる収納方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク


お風呂の子供のおもちゃにカビが生える原因は?

 

一度繁殖してしまうと厄介なカビ、そもそもどうしてカビが生えるのでしょうか?

 

カビは

①栄養

②水

③湿度

④空気 

4つの条件がそろうと繁殖すると言われています。

 

栄養とはなんでしょうか?人の垢や石鹸カスなどです。

シャンプーや石鹸の泡の中にも人の垢は含まれています。

 

実はお風呂はこの4つの条件が満たされやすくカビにとっては絶好の場所なのです。

 

湿度が高く水もたっぷりあるお風呂場では、人の垢や石鹸カスを栄養にして

 

おもちゃにカビが繁殖していきます。

お風呂の子供用おもちゃのカビ消毒方法




酢と重曹

子供が遊ぶおもちゃはできるだけ安全なものでカビ取りをしたいと思う方は多いのではないでしょうか?

お酢と重曹にカビ取り効果があることを知っていますか?

とても簡単でオススメなのでご紹介したいと思います。

 

【準備するもの】

・酢水スプレー 酢:水=1:10の割合で酢水を作り、スプレー容器に入れる

・重曹

・使い古しの歯ブラシ

【方法】

酢水スプレーをおもちゃのカビの部分にかけ、使い古しの歯ブラシでカビをこすります。

その上から重曹をパラパラと振りかけます。シュワシュワと泡が出てくるので、そのまま10分放置します。

その後、水で流します。

 

重曹とお酢なら万が一子供がお掃除中のおもちゃに触れてしまっても安心です。

そして、お酢も重曹も安くて手に入りやすく、家計にも優しいなんて嬉しいですね。

 

もちろん、カビ取りハイターをかけてしまうのも一つの手です。

お手軽ですし、強力なので手ごわいカビにはよく効きます。

ただし、非常に強力なので手袋をはめて換気はしっかりと行ってくださいね。

 

次は、お風呂のおもちゃのカビを予防する収納法について!

PAGE 1 PAGE 2

スポンサーリンク

コメントを残す