育児ストレス・症状の限界!ストレスの原因とは・ひどい頭痛・ストレス解消法

育児にはストレスがつきものですが、「もう限界!」というほどの体調不良が出てしまうこともあるでしょう。

特に頭痛はやっかいで、子供の面倒を見るどころではなくなります。

ストレスで頭痛が悪化しないよう、上手に解消していけたらいいですよね。

この記事では育児ストレスで症状の限界について、ストレスの原因、ひどい頭痛の場合、ストレス解消方法についてお話してみます。

スポンサーリンク


育児ストレス・症状の限界!ストレスの原因とは?

育児ストレスの症状が限界近い場合、原因となることを子供の月齢別にまとめてみました。

・0歳児

0歳児の赤ちゃんは乳児と呼ばれ、ひと月ごとの成長がいちじるしいのが特徴です。

夜泣き、夜の授乳が頻繁で、育児ストレスの最も強い時期となるでしょう。

・1歳児

歩けるようになった1歳児は、幼児の仲間入りをします。

靴をはいて外でも歩けるようになったため、目が離せなくなります

自宅では子供向けの部屋になっていますが、実家など普段と異なる環境での事故に気を使う時期です。

・2歳児

2歳児になると言葉が発達し、お子さんの「イヤイヤ」に悩まされるお宅が増えてきます。

反抗期にあたり「魔の2歳児」という言葉もあるくらいです。

・3〜6歳児(保育園、幼稚園)

園庭の遊具で体を動かし、文章としての言葉を話せるようになってきます。

子育ては楽になりつつママ同士の交友が増えるなど、対人関係でのストレスが生じる時期でもあります。

次は育児ストレスでひどい頭痛が収まらず、症状の限界と感じた時について書いてみます。

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク

コメントを残す