育児ストレス・症状の限界!ストレスの原因とは・ひどい頭痛・ストレス解消法

育児ストレス・症状の限界!ひどい頭痛が収まらない時には!?

育児ストレスや育児疲れがたまると、誰でも自分の一番弱っている所に症状が出ます

胃痛が出やすい人は胃痛、頭痛持ちの人は頭痛が、ストレス限界のサインとなるでしょう。

育児ストレスによる頭痛が限界に思えた場合はどうしたらよいのでしょうか。

●赤ちゃん、子供が泣いている原因を探し、取り除く

育児ストレスがピークに達するのは、赤ちゃんや子供の不満・不快がたまって、大きな声で泣き叫んだ時なのではと思います。

可愛い我が子とはいえ、ピーピーギャーギャーと泣かれる声を想像するだけで、頭痛が起きてしまいますよね。

いつも子供と一緒にいるママは、空腹で泣いてるのか、欲しいものが手に入らなくて泣いてるのか、おおよその見当がつくと思います。

子供に泣き叫ばれて頭痛が収まらないときには、子供が泣く原因を排除し、ママのストレスを取り除きましょう。

また「いくら泣かれても構わない」と開き直ってしまう方法も有効です。

子供自身も、泣いているうちにどうして自分が泣き出すことになったのか忘れてしまい、意味もなく泣き続けることが時々あります。

自宅など泣き声を出しても構わない場合、疲れるまで泣いたらそのまま寝てしまう・・・なんてこともよくあります。

●ママの頭痛のタイプを見分ける

頭痛には「冷やして和らぐタイプ」「温めて和らぐタイプ」があります。

偏頭痛では冷やすと和らぎ緊張型頭痛の人は温めると和らぐと言われています。

ちなみに私自身は緊張型頭痛で、蒸しタオルで首回りや肩を温めると痛みが和らぎます。

「どちらでも収まらない」という頭痛の人は、両方の頭痛を合わせもつこともあるようです。

冷やす、温める、どちらが効くのか、合う方を試してみるとよいでしょう。

また偏頭痛は昔よりも薬がよくなり、病院で処方してもらうことで解決できる人もいると思います。

市販の頭痛薬で治らない場合や、育児による頭痛が限界まで辛い場合には、頭痛に詳しい医師のところにかかるようにしてみましょう。

次は育児ストレスが限界になりそうな時、どうやってストレス解消しているのか、さまざまな声を集めてみました。

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク

コメントを残す