育児ストレスの原因や相談先は!?腹痛や過食嘔吐、買い物依存のお悩み解決!

育児ストレス・・・育児に家事、仕事に雑用、赤ちゃんや幼児が小さいうちは、気が休まる間もありませんよね。

どのママ(パパも?)でも、一度は育児ストレスに悩んだことがあると思います。

私自身もワンオペ育児が長年続き、子供の預け先も少なく、育児ストレスには悩まされました。

この記事では育児ストレスの原因や相談先、腹痛や過食嘔吐の症状、買い物依存のことについてお話していきたいと思います。

スポンサーリンク


育児ストレスの原因と相談先!原因は複合的にある

育児ストレスの原因は複合的ですが、主に時間がないこと、疲れていること、子供が困ったことをすること(泣き止まない、病気になる)が3つの柱になるのではと考えました。

●育児で時間がないからストレス

新生児のころは夜の睡眠時間を削られ、ハイハイするようになればケガしないか見張って、走り回るようになれば追いかけ続けなければなりません。

親の時間は、予期しない子供の行動に、どんどん削られていきます。

食事や排泄の世話、着替えや入浴、ひとりで出来るようになるまで、毎日毎日大人がやってあげないとですよね。

自分の髪をとかしたり、お風呂の湯船に浸かっている時間も取れないママも多いのではと思います。

育児をしていると、物理的な時間が不足するため、慢性的なストレスがたまってきます。

●育児で疲れがたまるからストレス

育児で肉体的な疲れ、精神的な疲れがたまってきます。

仕事には休日がありますが、育児や家事には休日がありません

仕事を持っているママはもちろん、専業主婦の人も連日の育児で疲れがたまってストレスになります。

●子供が困ったことをするストレス

子供は「困ったちゃん」のオンパレードで、いたずらする、ケガや病気をする、すぐ泣いたりぐずったりする、イヤイヤするなど、大人にとって困ることをしてばかりです。

不意に病気で高熱が出たり、吐いたり、仕方ないとわかっていますが、予定外に体調を崩されることってありますよね。

レストランや公共の場所に連れていっても、大人しくしていてくれない時もあります。

子供が困ったことをするストレスは、親にとって負担の大きいものです

次は育児ストレスで起こる、腹痛・過食嘔吐についてお話してみます。

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク

コメントを残す