育児疲れ・うつ解消!育児疲れは甘えなの!?リフレッシュ方法・パパからママへのプレゼントは?

育児疲れ・うつ解消!ママ向けのリフレッシュ方法とは!?

育児疲れ・うつ解消のため、気軽にできるママ向けのリフレッシュ方法をいくつか紹介します^^。

●自分のためのモノをちゃんと購入する

育児中は買い物に行っても、おむつに子供服、子供のための買い物ばかりです。

通販で済ませることも多いとはいえ、買い物の不自由さが育児疲れの一因となることはないでしょうか。

高価なモノでなくても、ママが自宅でリラックスできるハーブティを買う、外出用にそなえて洋服を1枚買うなど、ママ自身のための買い物も、必要に応じてちゃんと購入するようにしましょう。

気づいたら3年も自分の洋服を買ってない、出かけるときの服が一枚もない><・・・なんてことが、育児中にはしょっちゅう起こります。

ママには子育ての義務はありますが、ママもひとりの人間です。

自分のための買い物を後回しにせず、必要なものはちゃんと購入するようにしましょう。

●ママ友やママでない友達とランチ、お茶でおしゃべりする

子供同士を遊ばせながら、ママ友とおしゃべりして息抜きしている人は多いと思います。

育児中の悩みなど打ち明け、情報交換の場でもありますよね。

ママ友の他に、ママになる前に知り合った友達とも、時にはおしゃべりすることが、気分転換につながります。

今はママでも、一生子育てだけするという人はいません

「ママでない自分」を取り戻す時間を時々作っておくと、社会復帰するときにスムーズでしょう。

●子供を預けてイベントやコンサート、趣味のところへ

「子供を親にあずけてライブ会場に行くなんて・・・」という非難の声を以前見かけたことがありました。

「行ってもいい」「ライブはダメ」両方の声がありました。

私自身の考えですが、育児中に子供を預けてイベントやライブに行くのは、たまにの息抜き、ぜひ行くべきだと思います。

子供を預けて年に数回、クラシックのコンサートに行ったことがあります。

子供を預けてクラシックコンサートに行くのは良くて、イベントやライブは遊びだからダメ・・・と決めつけるのもおかしな話です。

子供を安全に預かってもらえる手配ができて、いろんな条件が整えば、一人の人間として「ライブに行く」という行為を制限される理由もないでしょう。

ママ自身がいろんな経験を積むことで、家族の人生も豊かになります。

時には育児中でもリフレッシュして、育児疲れをその都度解消する方が、育児うつを防いでくれると信じています。

次は育児疲れ・うつ解消に役立つ、パパからママへのプレゼントについて書いています。

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク

コメントを残す