おすすめクエン酸・掃除の注意点!お風呂・加湿器・ポットの掃除法は?

赤ちゃんやペットのいる家でもクエン酸の掃除は安全なのでオススメです!

エコ掃除が気になる人は一度は使ったことがあるのではないでしょうか。

クエン酸は弱い酸性ですが、レモン汁など食品にも含まれるくらいの安全性があります。

この記事ではおすすめクエン酸・掃除で、お風呂、加湿器、ポットの掃除法と注意点を解説していきます。

スポンサーリンク


おすすめクエン酸・掃除の注意点!お風呂の場合は?

大量にお湯をつかうお風呂場は、知らず知らずのうちに水アカ汚れがたまってきます。

クエン酸で掃除できるのは、水に含まれるミネラル成分、カルキがたまって蒸発した白っぽい汚れです。

クエン酸スプレーを使って、お風呂のこんな場所を掃除してみましょう!

●クエン酸スプレーの作り方

水またはお湯100ccにクエン酸小さじ1/2をよく溶かします。

倍量でお湯200c、クエン酸小さじ1で作ってもよいでしょう。

100均のスプレー容器などに入れて、シュッシュッと使います。

●鏡の白いうろこ状の汚れ

お風呂場の鏡はふつうの雑巾で拭いても拭いても、白いあとが残りますよね。

これはクエン酸で落とすには向いている汚れです。

クエン酸スプレーでシュッシュッと吹き、しばらく置いてから濡れ雑巾で拭き取ってみましょう。

落ちない場合は何度か繰り返します。

最後はシャワーのお湯で流せば、クエン酸の成分もきれいに落ちます。

●蛇口の付け根の白い汚れ

水道の蛇口の付け根で、銀色の金具のところにも、白い水アカがたまってきます。

クエン酸スプレーを直接ふきかけてもいいですし、濡れ雑巾にスプレーをふきかけて蛇口の汚れを拭き取ってもよいでしょう。

注意点:重曹との併用は二酸化炭素が発生する

お風呂汚れのうちクエン酸で落とせるのは、白っぽい水アカ汚れが中心です。

石けんカスなどは弱アルカリ性の重曹で落とした方が向いている場合があります。

クエン酸を使用して落ちない汚れは、お湯で洗い流してから重曹でこすってみてください。

クエン酸と重曹を併用すると、二酸化炭素が発生します。

強い有害物質ではありませんが、閉め切ったお風呂場の空気が悪くなりますので、なるべく別々に使うようにしましょう。

では次は、クエン酸掃除で、加湿器の場合の注意点を紹介します。

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク

コメントを残す