1歳児のひどい夜泣き!対策はいつから!?授乳してもいい?原因は?

【授乳してもいい?】1歳児のひどい夜泣き

うちでは私のおっぱいの出が悪く、ほぼ完全ミルクで育てました。

子供におっぱい見せても、どうせ出ないんでしょと、プイっと顔そむけられて、ちょっと悲しかったですね。

そのため完全母乳で育てているママにとっては、いつまで母乳をのませるか、何歳まで夜泣きのおっぱいを飲ませてよいのか、また歯が生えてきたら虫歯の問題も気になるところです。

●夜泣きは何歳まで授乳していても良いの?

育児の教科書としては、1歳になって離乳食を卒業したら、食事で栄養を摂るようにしましょう、おっぱいやミルクは赤ちゃんの楽しみに、というところだと思います。

しかしお子さんによっては教科書の理想通りにいかず、ママのおっぱいや哺乳ビンから離れたくないお子さんも多くいると思います。

まして夜に眠っていて怖い夢を見た時など、赤ちゃんだった頃の気持ちに戻ってしまい、どうしてもおっぱいやミルクをほしがるのではないでしょうか。

2歳くらいまでは授乳していても全然普通だと思いますし、3歳すぎて授乳していても、ママが大丈夫なら全然オッケーだと思います。

私なんて産後3か月で完全に枯渇していたので、豊富に出るママがうらやましかったです^^!

気になるのが、夜の授乳で、歯が生えてからの虫歯の問題ですよね。

●夜泣きの授乳で虫歯にならないためには?

1歳児の夜泣きを沈めるために、夜の歯みがき後に授乳することもあると思います。

夜中の虫歯対策ですが、ガーゼのハンカチを水でしぼって、歯を拭いてあげましょう!

歯の表面をざっと拭くだけでも違うと思います。

うちの子はフォローアップミルクを飲んでいたので念のため歯を拭くようにしていましたが、母乳の場合はもともと人の体から出来たもの、あまり神経質にならなくてもいいのかもしれないですね。

夜泣きの場合、「虫歯になるから夜は飲ませない」だと、泣き止まないケースが多いと思います。

子育ては、大人の思うようには進まないというのが実感です><

次は1歳児のひどい夜泣きの原因について書いてみました。

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク

コメントを残す