ドラえもん・ドラミちゃん・パオパオ♪「のり」を使ったキャラ弁おにぎりの作り方!

子供から大人まで、この世になくてはならない存在のドラえもん。

自分の家にもいてくれたらいいな…なんて一度は思っちゃいますよね^^。

絵かき歌のあるドラえもんは、キャラ弁も簡単に作れるんです。

 

わたしちょっと不器用だし…という人は、ドラえもんおにぎりならキャラ弁デビューにぴったりですよ♪

この記事では「のり」を使ったキャラ弁おにぎりで、ドラえもん、ドラミちゃん、ドラえもん映画に登場する象「パオパオ」の作り方を紹介します^^。

スポンサーリンク


「のり」を使ったドラえもん!キャラ弁おにぎりの作り方

ドラえもんのおにぎりを作れる自信がない人は、ドラえもんの絵を一度、紙に書いてみましょう!

画像引用元:http://www.tv-asahi.co.jp/doraemon/(以下、同)

 

<ドラえもんの絵のかき方>

1 頭の丸い線をかきます。一番外側です。

 

2 たて長の目を2つ、顔の上の方にかきます。

中に黒目もかきます。

 

3 黒目の高さから首輪のところまで、丸い線をかきます。

ドラえもんの青と白の間にあたる線です。

 

4 鼻、鼻すじ(たて線)、口の順番でかいていきます。

 

5 首輪とスズ、ひげをかいたら完成です!

絵がかければキャラ弁も同じようにつくれます。

 

<のりでつくるドラえもんのキャラ弁おにぎりの作り方>

1 白いごはんでおにぎりを作る

 

2 顔や目は白いままになるように、頭に黒いのりを貼り付ける

 

3 スライスチーズでたて長の目を2つ作り、貼る

マヨネーズで貼ると取れにくいです

小さな黒目のりで作って貼りましょう

 

4 鼻を赤やピンクにしたい場合には、カニかまぼこや赤ソーセージ、ハムなどでピンクの丸をくり抜きます

鼻も黒いのりでいいという人は、白黒のドラえもんになりますが、のりでも大丈夫です

 

5 鼻すじ、口、ヒゲをのりでカットして描いていく

この他、首輪やスズもつけたい人は、カニかまぼこやハムで首輪、うす焼きたまごでスズなど、赤と黄色で工夫して付けてあげてください。

 

 

<デコふりで青いドラえもんをつくる方法>

デコふり(青)を使って、ドラえもんの青を表現する方法もあります。

白いままのご飯でおにぎりを小さめに作り、デコふりで青くしたご飯を、ドラえもんの頭になるように青くかぶせていきます。

のりを貼るより少し難しいので、慣れてきたら挑戦してみてくださいね^^。

次はドラえもんの妹、ドラミちゃんの黄色とのりをつかったキャラ弁おにぎりの紹介です!

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク

コメントを残す