長岡花火2017おすすめの席は!?チケットなし・フェニックス席とは・右岸左岸の見え方

いよいよ明日あさって8月2日、8月3日長岡花火が2017年今年も見れます!

大曲(秋田)土浦(茨城)と同じく現在の日本三大花火大会のひとつで、右岸なら長岡駅から徒歩30分くらいで花火会場までいけるので、都市圏からも行きやすいのではないでしょうか。

一度見て見てみてみたいな…と思いつつ、チケットが取れなくてあきらめてる人も多いと思います。

臨時の新幹線がたくさん出るので、行きと帰りの自由席の切符を買ったら、鑑賞チケットや有料席の券がなくても長岡花火を見に行くことは可能です。

新潟県民で毎年長岡花火を見てる私が、チケットなしでどんな風に花火を見てるか、この記事で紹介したいと思います。

みんな楽しみフェニックス花火の席や、右岸左岸の見え方の違いも書いてみますね。

スポンサーリンク


長岡花火2017おすすめの席は!?チケットなしでも見れる?

長岡花火はチケットなしでも見れます!有料チケットが1日分しか買えないので、毎年もう1日はチケットなしの席で見ています。

新幹線でJR長岡駅まで行き、徒歩で花火会場まで行く場合の、チケットなしのおすすめ席を紹介します。

●花火のメイン打ち上げ場所はどこ?

花火のメイン打ち上げ場所は、長岡駅から真っ直ぐ歩いた橋と、その左側(南側、信濃川の上流)の橋の間で上がります。
真っ直ぐの橋は大手大橋、左の橋は長生橋(ちょうせいばし)と言います。

この区間の土手は有料席となっていて、チケットのある人しか見れません。

しかしこのチケット席の右側、左側はチケットなしでも見れるエリアがあります。

2か所紹介します。

画像引用元:http://nagaokamatsuri.com/

・無料1 大手大橋の手前

土手には上がれませんが、大手大橋手前の道路から花火が見れます。

花火会場までまっすぐ歩く途中に「スーパーウオロク」という大きな店があります。

そのあたりから土手の手前まで、歩道や道路で花火を見学できます。

花火開始の30分くらい前から道路の一部を封鎖して、シートを敷いて座って見てる人がいます。

今年も道路上で見れるかどうかわかりませんが、歩道で見ることはおそらく可能です。

・無料2 長生橋の上流の土手

土手に上がって確実に花火を見たい人は、長生橋の上流の土手が比較的空いています。

土手はアナウンスが聞こえるため、何の花火が上がってるのか、音楽とともに楽しめます。

フェニックスやスターマインは少々遠いですが、正三尺玉というサイレンのあとに上がる花火は、お腹の底にずどんと響く大迫力です。

次は大人気の花火、フェニックスの観覧席について書いてみます。

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク

コメントを残す