【中学生】定期テスト前の勉強方法!【スケジュール表・ノートまとめってどう!?】

定期テスト慣れしてない中1も、内容の濃くなってきた中3も、テスト前のスケジュールを立てるとき、いろんな迷いが出てきますよね。

学校で大きな表を渡されて「計画を書いて」と言われて、内心とまどっている人も多いのではないでしょうか。

あの計画表、面倒くさいのですが、一度つくり慣れておけば、テストの度に勉強の進め方が管理できて重宝します。

 

この記事では中学生の定期テスト前の勉強方法で、スケジュール表の作り方と使い方について、

それからテスト前のノートまとめについて思うことがあるので、まとめてみようと思います。

スポンサーリンク


【中学生】定期テスト前の勉強方法・スケジュール表の作り方

学校によって細かい違いはあると思いますが、定期テスト前になるとスケジュール表を書かされます。

B4の大きな紙に、テストまでの日にちと時間のマスがある表で、

午後9時から10時までは国語のワークやって、そのあと10:30までお風呂に入り、午後11時に就寝…みたいなことを書き込みます。

 

「いったい何をどう書いたらいいの!?」という人も多いので、効率よくあの表を埋める順番を書いてみます。

1.「就寝」をまず最初に埋めてしまう

朝起きる時間にもよりますが、午後11時〜朝6時に起きることにして、就寝の欄を埋めてしまいましょう。

人間はテスト中でも、寝ないと生きていけないのです。

2.「夕食」「風呂」もワンパターンに埋めてしまう

「夕食」「風呂」はそれぞれ30分ずつで、つなげて埋めてしまいましょう。

午後7〜8時を夕食・風呂の時間にするなど、ワンパターンで構いません。

もちろん家庭の事情によりこの時間はズレますが、学校の先生はみなさんのお風呂の時間までチェックしたりしません。

3.1日1時間だけ「自由時間」をつくり、残りは「勉強」にしておく

定期テスト中は部活動が休みで、午後5時くらいから自宅や塾に居られる日が多いと思います。

1時間だけ「自由時間」をつくり、残りは勉強の時間として埋めましょう。

午後5時〜11時まで6時間、夕食と入浴で1時間、自由時間1時間なので、4時間勉強時間として記入します。

しかし実際には広げた勉強道具を片付けたり、差し入れされた夜食を食べる時間もこの4時間に含めて構わないので、

実際に勉強してるのは3時間程度になる計画です。

 

次のページでは、スケジュール表を学校に提出したあと、

実際にこの表を生かして勉強方法に取り入れるようにします。

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク

コメントを残す