中2・不定詞の例文!名詞的用法・副詞的用法・形容詞的用法の攻略♪

中2の英語で習う不定詞。難しいと感じている人が多いのでは?と思います。

不定詞、そのあとに習う比較が、中2英語のヤマ場です。

不定詞には3つの用法があるので、それぞれの違いをマスターしましょう^^。

この記事では不定詞の例文で、名詞的・副詞的・形容詞的用法を説明します。

テストでの攻略に役立ててください!

スポンサーリンク


中2・不定詞の例文!名詞的用法を攻略♪

「名詞的用法」は不定詞の3つの中で、いちばんわかりやすいです!

簡単な例文を紹介しますね^^。

I like to play soccer.

「アイ ライク トゥ プレイ サッカー」と覚えてください。

意味は「私は サッカーをすることが 好きです」と訳します。

「〜することが」と訳すのが名詞的用法の特徴です。

もうひとつ特徴があって、主語(I 私は)のあと、likeやwantなど動詞がきて、そのあとto(トゥー。前置詞)があったあとに、「 play  eat  drink  swim  walk・・・」といろいろな単語がきます。

動詞の意味ですが「する、食べる、飲む、泳ぐ、歩く・・・」と訳します。

like to play テニス, like to eat 寿司, like to drink コーヒー, like to swim・・・と練習していくとよいでしょう。

主語も「I 私」「You あなた」「He 彼」「She 彼女」「We 私たち」・・・など、いろんなパターンがあります。

likeの他によく使うのが「want」です。

「I want to play soccer.」で「私はサッカーがしたい。」と訳します。

サッカーがしたい=「サッカーをすることを欲する」です。

名詞的用法は「〜すること」と訳すと覚えていてください。

では問題です^^

「私はサッカーをすることが好きです」「私はサッカーがしたい」

この2つの例文を英語で書けるように覚えてください。

答え:I like to play soccer.

I want to play soccer.

ピリオドを忘れないでくださいね^^。

次は不定詞の例文で「副詞的用法」について説明します。

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク

コメントを残す