1次関数の問題!グラフと式・切片と傾き・平行と角度

1次関数の問題!傾きと平行の角度について

y=2x+1…①

y=2x−5…④

①と④のグラフは、平行の関係になります。

延長しても、ずっと交わることはありません。

これは①の傾き「2」、④の傾き「2」と、傾きが同じだからです。

ではここで問題です^^。

「y=2x+1と平行で、切片が5の式を書け」

答えは・・・「y=2x+5」です。

まとめ

1次関数の基本となる、グラフの読み・書きについて説明しました。

「切片」「傾き」を最初に理解すると、その他の内容が理解しやすくなります。

今回は省きましたが、切片、傾きを理解すると、「変化の割合」「変域」も理解できるようになります。

まずは1次関数の斜めで真っ直ぐなグラフと仲良くなりましょう!

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク

コメントを残す