中学生・不登校の理由は?基本的な対応・克服方法・最終手段の転校

中学生・不登校の理由は?最終手段の転校ってどう?

友達関係が不登校の主原因の場合、隣の学校、別な学校に転校すれば、問題解決するのでは…と一度は考えたことがあるでしょう。

しかし同じようなタイプの別の学校にいっても、また同じ問題が繰り返されるだけです。

義務教育ではない高校を例にすると、友達関係や成績不振、問題行動で今いる高校に居られなくなった場合、通信制、単位制、全寮制など、ランクを下げたりタイプの全く違う高校を勧められます。

そのくらい途中入学は学校生活で不利なのです。

義務教育の小・中学生では、民間のフリースクールというものがあります。

今いる学校に所属しながら、フリースクールに通うことで、学校の代わりになればというものです。

今いる学校とフリースクールの交渉により、フリースクールでの出席が本籍校の出席扱いにカウントされる場合もあるようです。

保健室登校ができない人は、フリースクールにあたるものの検討をすすめられるかもしれません。

似たような境遇に悩むお子さんが在籍することから、そちらなら通えるというケースも多いようです。

まとめ

いったん起きた不登校、教室や部活に戻り100%克服できるお子さんもいれば、保健室登校で自分に合った高校探し、またはフリースクールに自分の居場所を見つけるお子さんなど、人によってさまざまでしょう。

現在は個性化、多様化の時代なので、不登校のお子さんは一般のお子さんより少し早く、自分の生き方を模索しているのもしれません。

どのお子さんもいずれは、自分自身の個性的な道を歩いていきます。

不登校のお子さんはすでに自分の道を歩き出したのかもしれません。

周りの大人は、お子さんに合った居場所を見つけてあげられるよう、サポートしてあげるのが克服の最終ゴールなのではと考えています。

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク

コメントを残す