中学生の不登校、原因は親!?フリースクールや寮つきの施設は?

中学生になるとますます増えてくる不登校。

学校の先生と親だけで、不登校で悩むお子さんにとって良い方法が見つかるといいですよね。

でも先生と親だけの力だけで子供の不登校を解決できない時には、フリースクールなど民間の力を借りる方法もあります。

不登校になる理由や原因は、お子さんにとって千差万別で、最善の対処法もお子さんによって様々ですよね。

この記事では中学生の不登校について、原因が親なのか、そしてフリースクールに通うことや寮つきの施設について、ざっくりとまとめてみようと思います。

スポンサーリンク


中学生の不登校、原因は親なの!?

中学生の不登校の原因ですが、原因が親なのか子供なのか学校なのかを考える前に、「全ての子供が小中学校へ通わなければいけない」という義務教育の法律があることが前提となっていると考えた方がいいでしょう。

つまり全ての子供が教育を受ける義務があるという法律がなくなったり緩くなれば、「学校に行くのも行かないのも子供の自由」となり、「不登校=悪いこと」という図式が成立しなくなるのです。

なので不登校の原因は、義務教育の法律の融通の効かなさにあるというのが、根っこにある理由なのかもしれません。

*もちろん日本の義務教育制度のおかげで誰でも平等な教育を受けられている恩恵があることを大前提としています。

原因や理由があるとすれば、親にも原因があるだろうし、お子さん自身や学校の雰囲気、友達や先生にも少しずつ不登校の原因はあるでしょう。

その原因は単一のものでなく、複数がからみ合っていることもありますよね。

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク

コメントを残す