小学生の勉強は勉強机?リビング?【必要性・勉強机の相場・収納法】

みなさんのお宅では、小学生の勉強は勉強机でやらせてますか?それともリビングですか?

かんじんの勉強さえしてくれれば、どちらでやってくれても構わないのですが、

勉強机とリビング、どちらでした方がいいのか気になりますよね。

 

この記事では小学生の気になる勉強机について、

 

専用の机が必要なのかどうか、

 

買うなら相場はいくら位なのか、

 

勉強机が不要になったときの収納法について、

筆者の経験も加えながらまとめてみました。

スポンサーリンク


小学生の勉強机は必要!?リビングでも勉強できるの?

結論から言うと、小学生の勉強はリビングのごはんを食べるテーブルでも可能です^^!

参考までに、リビングで勉強するメリットとデメリットをまとめてみました。

 

●リビングで勉強するメリット

学校の宿題をしていてわからない所があったら、家事をしているママ・パパ(おじいちゃんおばあちゃん)に、その場ですぐ聞けます。

「その場ですぐ」というのが勉強では大切なんです^^!

ママやパパも、勉強している我が子が目の届く所にいると、安心ですよね。

誰も見ていないと、ついついサボってしまうのが人間というものです^^;

 

●リビングで勉強するデメリット

リビングにはテレビ、おもちゃなど、誘惑がたくさんあります。

子供部屋に勉強机を置くと言うのは、これらの誘惑を断ち切るためにあると言ってもよいでしょう。

勉強しながらテレビをダラダラつけない、という決まりを守れるようなら、リビングでも勉強できそうですよね。

 

もうひとつ気になるのが、リビングのイスや机の高さが小学生の体に合ってないことです。

 

学校や塾の宿題など、短時間で終わる勉強ならリビングでも問題ありませんが、

「中学受験」のためにバリバリ勉強する場合には、専用の勉強机の方がお子さんの体が疲れません。

 

リビングでも勉強できるか、専用の勉強机でバリバリ勉強するか、そのご家庭しだいといったところもありそうです。

次は、勉強机を買う場合の相場について、お話していきたいと思います。

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク

コメントを残す