職場の人間関係が怖い。新卒社員だけど仕事辞めたい人集まれ。

新卒で入社した職場を辞めたいという人はいませんか?
学生から社会人になるタイミングでは、思った以上にストレスがかかることがあります。
仕事での失敗が続いたことで、先輩方に迷惑ばかりかけて、毎日のように怒られる。
またそんな自分にどんどん嫌いになる。そんな負のスパイラルに陥るケールが多いです。

「このままやっていけるのか」という不安と
「せっかく新卒採用してもらった会社を辞めるわけにはいかない」
という責任感に駆られ、悩んでしまう人も少なくないです。

今回は、そんな悩みを持っている人のために、筆者の経験から解決策をお伝えしたいと思います。
その状況を放置したらどうなるのか、またなにを考えるべきなのかについてお答えします。

スポンサーリンク


外的要因と内的要因の現状分析をしましょう!

(1)外的要因の分析

まずは、以下の内容について考えてみてください。

・働き過ぎていませんか?
→月80時間以上残業している場合は過労死ラインにひっかかるので、オーバーワークです。
目安としては、9:00から21:00まで働いて、なおかつその状況が半年続く環境はまずいです。
働き過ぎると、疲労により判断力や記憶力が低下するため仕事のミスが増えます。
「休むことも仕事」ですので、働き過ぎには注意しましょう。
過労死ラインは80時間|労働時間の減らし方と労災認定の基準

・職場の先輩方が口にする言葉はなんですか?
→「この仕事向いてないんじゃない?」「やる気あるの?」「ほんとに使えない。」など、
明らかにパワハラな言動や悪意のある言葉を受け続けていたら、人は病みます。
誰しもが不慣れな環境だと失敗はしてしまいますよね。
それに対して、必要以上に責められるのは職場環境としてはまずいです。

(2)内的要因の分析

つぎに、以下の内容について考えてみてください。

・過度にネガティブになっていませんか?
→少しの失敗で落ち込みすぎたり、過度に自分を追い込むことは止めましょう。
一生懸命にやったからこそ自分の失敗が悔しいという気持ちもわかりますよ。
しかし、感情にとらわれ過ぎないで、問題の本質は行動を変えることでしか解決しません。

・失敗を活かす工夫はしていますか?
→もし、先輩が時間をかけて教えてくださったことを、あなたは何度も失敗してしまったら、
先輩はどう思うでしょうか。先輩方は、あなたの成長を実感することが嬉しいはずです。
だからこそ、あなたに期待して指導をしてくださっています。その気持ちに応えるためにも、
先輩から教わったことは、必ず身に着けてすぐに成果として還元できるような工夫をしましょう。
そうすると先輩方は、自分が指導した分成長してくれるあなたを見て、さらにサポートしてくれるようになります。

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク

コメントを残す